マゾっぽい性癖を満たすために鶯谷のオナクラを利用する

子供の頃から僕はマゾっぽい性癖を持っていることに薄々気づいていました。大人になるとそれがより自覚できるようになり、彼女などにもそういったプレイを要求することもありました。しかし、僕はそれほどハードなマゾプレイが好きなわけではなくて、単に自分がやっているところを見て欲しいという願望が強くありました。したがって、風俗で遊ぶ時は鶯谷でオナクラを利用することが多くなっています。女性に、特にキレイな女性にじっと自分のあそこを見られるのはかなり興奮してしまいます。そういう状況だといつもよりもあそこが大きくて硬くなっているのが感じられます。昨日もラブホテルで、指名をした美人の女性を呼んで、見てもらいました。彼女に言葉で責めてくれるように頼んで、彼女の目を見つめながら自分でやっていました。プレイ時間いっぱいを使って思う存分楽しみました。最後はものすごい量が放出されたので彼女は驚いていました。これからも鶯谷でオナクラを利用し続けるでしょう。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています