私が夢中になってしまう高級デリヘルの嬢

最近、夢中になっているものがあります。それは高級デリヘルです。鶯谷近くの自宅に都内の高級デリヘル店のデリ嬢を呼んでプレイすることに夢中になっているのです。私は結婚していますが、今はデリ嬢を呼び放題の生活をしています。実は、この春から単身赴任をしているのです。東京へ転勤が決まったときに、私は家族がついてきてくれるものだと思っていました。しかし、都会で暮らしたことのない妻は東京での暮らしを望みませんでしたし、高校へ通う娘は地元の友達と離れることを嫌いました。私の説得も空しく、単身赴任をすることになったというわけです。そんなことがありましたから、この暮らしは私にとって空しい気持ちから始まりました。そんな心の隙間に入り込んできたのが風俗です。1人の生活の寂しさに耐えられなくなって使ったデリヘルにハマってしまいました。お気に入りのデリ嬢はとてもかわいく、妻とも娘とも似ていません。私を気持ち良くしようといつも一生懸命で、私の話もよく聞いてくれます。それによって、私はまたこのデリ嬢に夢中になってしまうのです。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています